スバル 新型 レヴォーグ。 新型レヴォーグ、買っちゃいました! リアルな価格から家内の意見衝突まで大暴露(1/2)

スバルの新型「レヴォーグ」のデジタルコクピット 「アイサイトX」仕様は超進化

レヴォーグ スバル 新型

❤ また工事に伴ってラインを書き換えた個所がありましたが問題なくトレースできました。

4
もう少しダイレクト感が欲しいです。 ACCも全車速追従型だ。

スバル 新型レヴォーグ(VN5型)の欠点(デメリット)4つ

レヴォーグ スバル 新型

🤲 STIスポーツはZF製の電子制御可変ダンパーを使っているため可変幅が広く、低速域で路面から入ってくる高周波ノイズが目立ちがちで、ウレタンブッシュ、アルミハウジングが大きな効果を発揮するのだという。 6kmに迫る約12kmを記録。 新型レヴォーグ 搭載エンジンについて 新開発 1. 新型レヴォーグ 車種体系と価格 グレードの基本構成は、[GT]、[GT-H]、[STI Sport]の3種類だ。

5
「意のままにクルマをコントロールする愉しさ」そして「今まで経験したことのない新たなアクティビティに向かって大胆にチャレンジしてほしい」という気持ちをデザインに強く込めた。 6インチの縦型センターインフォメーションディスプレイ(ナビ)が採用された。

スバル 新型 レヴォーグ フルモデルチェンジ 2代目 2020年11月26日発売

レヴォーグ スバル 新型

😚 アクセルペダルの踏み込みに対する反応が鈍くてイライラすることはない。 かつてスバルも硬い足回りに仕上げていたが、今は柔軟に動かす足回りへと変化させてきた。

7
新型レヴォーグは、一般的な国産車と明らかに違います。 運転負荷を大幅に軽減。

スバル新型「レヴォーグ」は普通の国産車と全然違う! 乗ってわかった3つの驚き

レヴォーグ スバル 新型

😇 その理由は、リヤサスにある。 スバルは、1つのプラットフォームで、コンパクトなインプレッサから北米向けの7人乗りミッドサイズSUV「アセント」までをカバーしているが、その守備範囲の広さはSGPにも引き継がれている。

12
テストコースとサーキットで開催された試乗会でテストドライブをしたジャーナリストがお勧めするのは、STI Sportだ。

一般道、高速道路、峠道を走ってわかったスバル新型「レヴォーグ」の完成度|@DIME アットダイム

レヴォーグ スバル 新型

🤑 しかし、その走りや安全の基礎となるプラットフォームも実は大きく進化している。 ZF製電子制御式ダンパーを装着する走りのグレード:STI Sport/STI Sport EX STI Sportの価格は370万7000円。 それが現行型インプレッサに採用する、次世代プラットフォーム「スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)」だ。

3インチのフル液晶メーター内の的確な表示で実に分かりやすく安心できる。 最初に言っておくと、新型レヴォーグのパワーユニットは1. ダンパーの減衰力だけでなくパワーステライングの操舵感、AWDの前後駆動力配分、クルーズコントロール作動時における加減速の反応など、走りの性格を幅広く変えられるドライブモードセレクトを装備する。

地味にアイサイトXより凄い!? 新型レヴォーグ 超進化ボディが実現した走りと乗り心地

レヴォーグ スバル 新型

💖 ベースグレードといっても装備は充実している。

13
ジャーナリストが進める走りのグレードは? GT系(GT、GT-H)と比べてもSTI Sportの走りはワンランク上。

新型レヴォーグ、買っちゃいました! リアルな価格から家内の意見衝突まで大暴露(1/2)

レヴォーグ スバル 新型

💖 レーンチェンジ可能なレーンが標示されれば、ウインカーを最後まできっちり倒せば、自動レーンチェンジ開始。

3
「車線変更くらい自分でするよ!」と思っていたけれど、試してみたら至極便利。 GT-H EX:370万7000円 STI Sport:370万7000円 で、同価格となる。