ビジョナリー カンパニー 2。 『ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則』を読む -日本企業では?-

『ビジョナリーカンパニー』を読む②

2 ビジョナリー カンパニー

☣ 偉大な企業は、従業員の動機付けは行わない• 私も役目を終えました。

7
「俺たちは GoodじゃなくてGreatな企業を目指してるから・・・」 「創業当時にゲームにフォーカスした理由は、 ハリネズミの概念で言うと・・・」 「ここは現実を直視しないと。 それどころか、信じがたいほど大きな野心を持っているのだか、その野心はなによりも組織に向けられていて、自分自身には向けられていない」 企業で経営者にのし上がっていくためには、我の強さ、押しの強さが必要だ。

ビジョナリーカンパニー2

2 ビジョナリー カンパニー

🤭 大きな野望を胸に秘めながらも、その野望が自身のためではなく、組織や社会に向けられている「第五水準のリーダー」を迎える。 比較対象企業:ノートン サンゴバンにより買収 、ウェルズ・ファーゴ WFC 、マクダネル・ダグラス ボーイングが吸収合併した 、チェース・マンハッタン JPモルガンとの経営統合で、JPM 、GM GM 、ウエスチングハウス 事業売却等でナシ 、テキサス・インスツルメンツ TI 、バローズ ? 、ブリストル・マイヤーズ BMY 、ハワード・ジョンソン ? 、ファイザー PFE 、ゼニス LGエレクトロニクスにより買収 、メルビル ? 、コルゲート CL 、R・J・レイノルズ RJRナビスコとなり、KKRによる買収 、ケンウッド 6632 、エームズ ? 、コロンビア ソニーにより買収 ビジョナリーカンパニーと比較対象企業を見比べるだけでも、なかなか興味深いと思いませんか? 読んで思ったことを赤裸々に・・・ ・ビジョナリーカンパニーは、「時を告げるのではなく、時計をつくる」と表現されますが、 一つの「商品」をヒットさせるのではなく、ヒットをさせる「企業」を作っていると分析されています。 ビジョナリー・カンパニーはカルトと酷似している ところで、ここに一冊の本がある。

3
そして同時に それがどんなものであれ、自分がおかれている現実のなかでもっとも厳しい事実を直視しなければならない。

ビジョナリーカンパニーって何?定義と基本理念をわかりやすく解説

2 ビジョナリー カンパニー

❤。 アカツキ人事企画室WIZの小能(おのう)さんが、新メンバーに向けてビジョナリーカンパニー2の勉強会をしてくれた。 「参入したすべての市場でナンバー1かナンバー2になり、当社を小さな企業のスピードと機敏さを持つ企業に変革する」 どうですか?悪い例はこんな感じです。

18
第2巻では「GOODな企業」が「GREATな企業」に飛躍することを論じ、第1巻では「GREATな企業」を追っているとの理由からです。 著者たちは調査の開始に、フォーチュン誌、インク誌の企業ランキングから700社を選び出し、CEOにアンケートへの協力を依頼。

【ストックデールの逆説】ビジョナリー・カンパニー 2

2 ビジョナリー カンパニー

🤙 知らない企業名も沢山出てくるが、同業他社が同じ頃、 どんなことをしていたからダメだったのか、とかを詳細に 書かれているので、会社を起こそうと思っている人、 今の会社のやり方じゃダメだと思ってる人は読んでおいて 損はない一冊だと思う。

最初に手を取ったのはおそらく25歳ぐらいの時だと思うんですけど、その時は実際に経営をやっていなかったので「ふーん。

ビジョナリーカンパニーを要約(時代を超える生存の原則と飛躍の法則)

2 ビジョナリー カンパニー

👆 弾み車はゆっくりと回り出す 劇的な転換はゆっくりと進む。 平凡な企業は、あまりにたくさんのことをやりすぎる• 病原菌か何かのように追い払われる。

5
決して満足しない これは会社に限らず優れた人物にも当てはまりますが、「現状に決して満足せず、貪欲に成長を欲する」ことは、それだけで強みになります。 ビジョナリーカンパニーは、出版から20年以上読み続けられている名著です。

『ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則』を読む -日本企業では?-

2 ビジョナリー カンパニー

🤭 バスから降ろす、というのは米国であれば解雇するということになりますが、日本の場合はそれが難しいです。

調査の過程で分かったことは、第五水準の経営者は、驚くほど謙虚であり、質素な生活をしている。 厳しい現実を直視しつつも不屈の精神であきらめないこと• そしてビジョナリーカンパニーにおいては、その基本理念が全員に浸透しており、熱狂的に支持されています。

『ビジョナリーカンパニー(2)』ジム・コリンズ著|要約書評

2 ビジョナリー カンパニー

🚒 課長クラスだと、課員は既に割り与えられており、自由にできるのはその中の席替えだけです。 ビジョナリーカンパニーの理念をしっかりと理解して、「時を告げる者」になるのではなく、「時計を作る」ことを意識していきましょう。

1
これらにより、普通の企業、良い企業が、偉大な企業へと至る。

ビジョナリーカンパニーって何?定義と基本理念をわかりやすく解説

2 ビジョナリー カンパニー

🤙 そこで今回の記事では、ビジョナリーカンパニーの概要から、基本理念、読むメリットなどをわかりやすく解説します。 意外なことに、全て経営者の行動や考え方が原因になっています。 GREATな企業は、瞬間的にサービスが拡大するだけではダメだ。

19
その飛躍の瞬間に、何がビジョナリー・カンパニーの中でおこなわれたのかがまとめられています。 なので、このコンセプトは、 Good(良い会社)がGreat(偉大な会社)になるためには、まず適切な人をバスに乗せ、偉大になるには何をすればいいか?を考えることが必要だ。

誰をバスに乗せるか|ビジョナリー・カンパニー 2

2 ビジョナリー カンパニー

😔 「ビジョナリーカンパニー」の概要 まずはビジョナリーカンパニーの概要から見ていきましょう。 (岡田尊司. 第一水準:有能な個人 第二水準:組織に寄与する個人 第三水準:有能な管理者 第四水準:有能な経営者 第五水準:第五水準の経営者 「第四水準のリーダーシップで企業は成長するが、その人が引退すると企業は衰退していく」、「第五水準のリーダーシップで企業が成長した場合は、その人が引退しても企業は繁栄する」というロジックなのですがちょっと強引な議論かなと思いました。 といっても、彼は決して寡黙ではなかった。

5
これはあくまで私の個人的見解ですので、ご参考までに。 「楽観主義者だ。