シータ ミッツ ァイル。 【シータミッツァイル】デッキの全てがわかるガチ解説

【殿堂構築】シータエモGミッツァイルと《無双と竜機の伝説》

ミッツ ァイル シータ

🎇 GR召喚を行えるカードからバトルゾーンに呼び出しましょう。 【waveウェイブの不採用】 ウォーターとも相性が良いウェイブを入れてない理由は、ウォーターやナンバー打ったあとにウェイブは強いんですが、マナーは増えてないし、強そうなムーブに見えて以外とやってる暇ない動きだと思っています。

11
この中でも最大母数はアグロ零龍とネバーサイクリカ。 しかし相手はそこから見事に返してきました。

シータミッツァイルと赤青ミッツァイル|小池(ばく)|note

ミッツ ァイル シータ

☯ ・マナーに光があればバライフマーチスの上振れで横展開ができる。 だがこれを以てして「赤青はシータより強いデッキ」と断言するのは早計だ。

5
《知識と流転と時間の決断》で除去されるまでは確実に相手は何も出来なくなります。

シータミッツァイルと赤青ミッツァイル|小池(ばく)|note

ミッツ ァイル シータ

🍀 約9年間使い続けられている「超次元呪文」 その強さは 何といっても対応力と選択肢の広さですね。

20
しかし大抵の敵は30cmの短剣で倒せるのだから、特に問題はない。

【ミッツァイル殿堂に寄せて】赤青とシータはどちらが強かったのかの一考察

ミッツ ァイル シータ

👎 実はこの日は他にも、『覇道』に対して《ジェイ-SHOCKER》で3を宣言しながら攻撃したらその1点で《SMAPON》を踏んでしまい打点が足りなくなって敗北している。

4
ジェイSHOCKERはマキシマムではケアできないクリーチャートリガーをケアできるためシータミッツァイルのマグカジロ的な役割で1枚採用。 。

【ミッツァイル殿堂に寄せて】赤青とシータはどちらが強かったのかの一考察

ミッツ ァイル シータ

💓 そのため、僕が上げた構築を基盤に自分なりに変化させていく必要があります。 そこで出てきたGRクリーチャーは 《ロッキーロック》でした。

1つがいま挙げた「相対的な強さ」であり、対してデッキの最高出力・平均出力を吟味した上での「 絶対的な強さ」も一種の強さである。

【ギラサキ】シータミッツァイルについての話【デッキ解説】

ミッツ ァイル シータ

😜 ファイブスターハイオリーダやヴァイカー、覇導など後攻の場合には3ターン目にシャッフをプレイしたい対面が増えています。 GP9thもシータミッツァイルがおそらく最大母数でしたでしょうね。 3枚目の予想は《単騎連射マグナム》です(プレミアム殿堂予想) 出典: 何がインチキ見抜いたら俺の早撃ちがBANGだ!!!お前自身がインチキ級のスペックですよ! このカードは《奇石ミクセル》みたいなカードと違い相手のカードを置換効果で墓地に送ってしまうカードです。

この記事を読む上で、次の2点のことを念頭に置いていただきたいと思います。 先ほど述べたように赤が大事だったり青マナも使います。

【デュエル・マスターズ】デッキレシピ:3位 / シータミッツァイル / まっちゃ

ミッツ ァイル シータ

🤗 上振れとして全能が召喚できたらSAを止めれます。 その展開力はすさまじいものがあり、何もなかった状態から1ターンで十数体のクリーチャーが並ぶということも珍しくありません。 ・ミッツァイル このデッキの終着点であり、絶対的なフィニッシュ力を誇ります。

9
シールドが残っている状態でこのカードをプレイすれば、ダイレクトアタックされることは絶対にありません。 従来型のシータにも普通に入ってくるカードではありますが、当然エモG型の方がJトルネードの選択が豊富かつ楽です。

1/1CS優勝! シータミッツァイルリペア(ジョーカーズ)|大竹|note

ミッツ ァイル シータ

😋 シータミッツァイルで一番大事だと思ってるのが緑の枚数から成り立つ6マナへの安定感だからです。

14
凄腕プロデューサー 今期100枚買っとけカード 盾から踏ませるだけでビート系はさようなら 出た時と離れた時にGRなのでミッツァイルと相性バッチリ 何も言わず4 唯一の多色なのですがそれを差し引いても強い ハリケーンクロウラー 上面ではマナアンタップできるし下面では2-4の動きをサポート 2〜4枚全て試したが4枚あってもオーバーキルになるので3枚が1番無難で他に枠譲れるということで3枚 ミッツァイル 何も言うことない みんな買おうな…高いけど GR オレチンレンジ ジョーカーズ のデッキのカード 日本橋csで対面にオレチン入りを回されて実際に強かったので投入 山上固定できるのでダチっこから盤面並びやすくなります。 よって、このデッキのベストムーブもそのようにゆったりと構えつつ、確かなフィニッシュを狙いに行くものとなっています。