キャスコ ドルフィン ウェッジ。 ドルフィンウェッジ シリーズ DW120G DW118 DRW

キャスコ(KASCO)ドルフィンウェッジの試打評価

ウェッジ キャスコ ドルフィン

🤔 さらに、リーディングエッジ近くまで最大本数(当社比)入れることで、スピン性能を高めた。 ほとんど練習せず、そのままラウンドで、初打ち。

2
ドルフィンウェッジは、あくまでもソールを滑らせて簡単に上げて止まるウェッジショットを実現するクラブです。 軟鉄鋳造ボディで、はじき感がありながらもソフトな打感、打音を感じることができるというような感想が多く、打ちやすさ、特にダフリに強いことがわかります。

キャスコ DW

ウェッジ キャスコ ドルフィン

✆ しかもインパクトでフェースのブレが少ないから方向性が素晴らしい。 「ストレートネックタイプ」の DW-118と共にラインアップすることで、ゴルファーの好みによりヘッドタイプを選べるようになった。

センターボディはスリムにすることでフェアウェイやラフからのショットの抜けの良さを実現しています。

キャスコのドルフィンウェッジシリーズ「DW

ウェッジ キャスコ ドルフィン

😍 見た目だけでなくこのフィンでクラブがボールの下に潜ることを防ぎ、しかも方向性を安定させているのです。

15
フェアウェイやラフならソールが滑ってボールにヒットしてくれますが、バンカーだと砂に埋まってしまうので、 確実にボールにヒットする正確性が求められます。 構えてみると 構えると、アベレージゴルファー向けの独特なボテっとした顔じゃなくて、すっきりとシャープに構えられる。

キャスコドルフィンクラブ、見た目と性能が口コミで評判上々

ウェッジ キャスコ ドルフィン

👋 フルショットを打つと、よく抜けてくれる。 100件のビュー• 「ボールの下に敷いてあるティッシュを削ぐようなイメージ」で、あとは普通のウェッジショットを打てば、自分が思ってたとおりの距離感で簡単にバンカーから脱出することができます。 何も考えずスクエアに構え、上げて降ろす。

16
アベレージゴルファーが難しいウェッジを使いすぎている アベレージゴルファーの方とラウンドすると、パターとウェッジ以外は ゼクシオシリーズ のようなアベレージゴルファー向けのやさしいクラブを使っているゴルファーが多いけど、 なぜかウェッジは ボーケイ デザイン や マックダディ などの アスリート向けを使用するゴルファーが多い。

DOLPHIN WEDGE DW

ウェッジ キャスコ ドルフィン

💢 DW-118は見た目も気に入っていますし使いかってもよいので、この1本が加わったことで確実にスコアが縮まりました。 そんな悩みも口コミを参考にすると解決できるのではないでしょうか。 もう、はなせない一本になりました。

13
キャスコのドルフィンウェッジの口コミによると、そんなゴルファーにはD-116ストレートネックモデルが向いているようです。 フェイスを開くことが苦手な私だったので、すぐに購入。

ドルフィンウェッジ シリーズ DW120G DW118 DRW

ウェッジ キャスコ ドルフィン

🤪 まず一見してその形状に特徴があります。 グリーン周りのバンカーはホームランするとOBになるところも多いので、砂を取らずに打つのも危険が一杯です。

15
脱出だけじゃなく、ピンに寄せやすい。 アベレージゴルファーが苦手、と言いましたが僕も苦手ですw 苦手と言っても脱出するだけならできますが、 距離感を出してバンカーから脱出するのはかなり難しいことです。